E231系・E331系

E231系中央・総武緩行線:2000.3〜

S_JR231A.png R_JR231A.png

E231系常磐快速線:2002.3〜

S_JR231B.png R_JR231B.png

E231系宇都宮線・高崎線・東海道線・伊東線・湘南新宿ライン:2000.6〜

S_JR231C.png R_JR231C.png

E231系500番台山手線:2002.1〜

S_JR231-500A.png R_JR231-500A.png

E231系500番台:命名100周年記念山手線:2009.9〜2009.12

S_JR231-500B.png R_JR231-500B.png

E231系500番台:東京駅100周年記念山手線:2014.10〜2015.3

S_JR231-500C.png R_JR231-500C.png

E231系500番台中央・総武緩行線:2014.12〜

S_JR231-500D.png R_JR231-500D.png

E231系800番台中央・総武緩行線東京メトロ東西線直通:2003.5〜

S_JR231-800.png R_JR231-800.png

E331系京葉線:2007.3〜2011.1

S_JR331.png R_JR331.png

E231系

209系と似た前面が多く、0番台(900番台)は209系500番台と見た目が同じで、800番台も209系1000番台とラインカラー以外同じ。

E231系500番台は山手線専用の前面だったが、2014年12月から数編成転属して中央・総武緩行線で走っている。

命名100周年ラッピングは山手線登場時の車両の色、ぶどう色のラッピングが全面にされた。東京駅100周年ラッピングは東京駅のレンガの色をイメージした色のラッピングがされ、側面には東京駅の写真なども描かれている。

E231系とE209系500番台両方が走る中央・総武緩行線では違いがわかりづらいが、前面がシルバーなのがE231系で白が209系500番台。そしてE231系は5号車が6扉車で6DDORSのステッカーが前面についている。

E331系

ロマンスカーなどに見られる連結部分に台車がある連接車。先行量産車として作られたが結局1編成だけしか作られず、2014年に廃車となった。

コメント